肝臓がんを治療で治す|再発を予防しよう!

男性家族の理解を得るには

3人の女性

更年期になったからといってすべての女性に更年期障害の症状が現れるわけではないため、夫や息子といった男性の家族からは病気について理解してもらいにくいことがあります。そんな場合の対策としては、彼らに病院まで同行してもらい医師から直接説明してもらうのが効果的です。

もっと見る

辛い症状の原因が不明

2人の女性

身体に様々な症状が出ているにも関わらず、受診して検査をしても異常が見つからない場合、自律神経失調症と言われることが多くあります。そのような時には、心療内科を受診しましょう。原因不明の症状がある場合、うつ病などの精神疾患がないか鑑別してもらいます。その上で服薬治療やカウンセリングが行われます。

もっと見る

病院で治すのが安心

病院

最近、城東区でも一過性の便秘でなく慢性便秘に悩む人が増えています。慢性の便秘に市販薬を使い続けるのは体にとって害となるので、城東区の内科にかかるのがおすすめです。城東区の内科には、負担の少ない薬や心因性の便秘に効く薬なども用意されています。

もっと見る

予防と治療後の注意点

シニア夫婦

上大岡内科・呼吸器科クリニック

睡眠時無呼吸症候群をしっかり治療するためにも必要な治療があります。医療機関をお探しの方にオススメなのがコチラです!

肝臓がんを予防するためにはどのようなことを行っていけばよいのでしょうか。肝臓がんになる患者さんの約9割はB型肝炎ウイルスやC型肝炎ウイルスに感染していることによるものです。つまり、肝炎ウイルスにさえかかっていなければ、肝臓がんになる可能性はほとんどないと考えられます。ウイルスに感染しているかどうかは血液検査で調べることができるンドエ、気になる人は受信しましょう。また、悪い生活習慣も肝臓がんを発症する原因となります。特に喫煙と飲酒は発症リスクを高める生活習慣で、肝炎によって肝機能が低下している人でこういった生活習慣を送っている人は要注意です。また、はっきりとした理由は不明ですが、コーヒーを飲む人は肝臓がんの発症リスクが低いとされています。

肝臓がんはとても再発する可能性が高いがんの一つです。無事に治療が終わっても三年から五年以内に80パーセントもの人が再発や転移してしまうといわれています。いかに再発や転移をしないようにするかはがんの治療において基本ですが、肝臓がんの場合は特に再発や転移しないように普段の生活で注意しなければいけません。再発防止のために最も注意しなければいけないのは定期的な検診を欠かさずに受けるということです。定期的に検査をすることでたとえ再発しても早期に発見することができます。退院後はお酒と喫煙は厳禁ですが、胃や腸などの消化器官と違って、退院後の食事制限などは特にないので無理をしない範囲で普通の生活をすることができます。再発防止には食生活がとても大切なので、発症リスクを高める食物の取りすぎは控えましょう。